こんにちは!

東京都西東京市にあります大樹はりきゅう整骨院です。皆様の健康にお役に立つちょっとした情報など発信できればと思います。ご意見、ご感想などお寄せ頂ければ幸いです。

2015年08月21日

雨が降りそうになると関節が痛くなる?天気痛(気象病)って何?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

夏も終盤に近付いて、もうひと頑張りといったところですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

夏といえば、急な夕立に見舞われて外出先でびしょびしょになったりすることもありますよね。

今回は雨にまつわるお話。気象予報士でもないのに、お天気のお話です。

普段、患者さんと話をしていると、「雨が降り出しそうだから関節が痛い」とか、「台風が近づいてきてるから、神経痛がでてきた」とかよく聞くことがあります。

実際に治療の現場にいると、このように気候によって痛みの状態が変化する場面によく遭遇します。

このような痛みを天気痛(気象病)といいます。

天気痛については現在、様々な研究がされています。

katakori_woman.png

内耳の影響 :内耳には身体のバランスの変化を感知するリンパ液があり、又、気圧を感知しセンサーの役割をする細胞が存在することが現在、研究によってわかってきています。

低気圧の接近や前線の通過などにより気圧が低下すると、センサーが反応しリンパ液の流れを乱します。

リンパ液は身体のバランスを脳に知らせる役目があり、リンパ液の流れが乱れると脳がその変化に反応します。

しかしながら、同時に身体のバランスの情報は目からも伝わり、その情報とリンパ液の乱れによる情報が異なってくるため、脳が混乱してしまい、その混乱から生じるストレスが交感神経を興奮させてしまいます。

交感神経が優位になると、通常よりも痛みを感じやすくなる(痛覚閾値が下がる)ため、普段は気にならない状態であっても、膝や肩の関節や、昔痛めた古傷などが疼いたりしてしまうというわけです。

又、内耳の状態の変化の影響から、めまいや耳鳴りも起きやすくなるのも理解できます。

天候、気圧の変化により体調に影響を受けやすい人は、この気圧センサーの感度が敏感であるとも言えます。

その他にも交感神経が興奮すると、血管が収縮し末梢の血液循環が悪くなります。

血液循環の悪化は様々な症状を誘発させ、それが又ストレスとなり交感神経を興奮させるといった悪循環に陥ります。

気圧の変化が引き金となり、自立神経のバランスを乱れさせ、いわゆる自律神経失調症の状態になり、首や肩の筋肉の緊張が強くなったり、頭痛や吐き気、めまいを訴える人もいます。

このように、天候の変化が身体に様々な影響を及ぼすということがわかりましたが、自律神経のバランスを普段から乱さぬよう規則正しい生活や、適度な運動、睡眠など普段から気をつけたいところですね。

大樹はりきゅう整骨院では、自律神経失調症に対して鍼灸施術をおこなっております。お悩みの方は一度ご相談下さいませ。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院




posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

「足がつる」とは?その予防法

こんにちは。
大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

連日の猛暑で厳しい毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

今回は「足がつってしまう」お話です。

komuragaeri.png

夜、寝ている時に急に足がつってしまって、痛くて目が覚めてしまった。
しばらく痛みがおさまらなくて辛かったなんて体験をした方も多いと思います。

この「足がつる」といった症状は、どういうメカニズムで起こっているのでしょうか。

「足がつる」とは足の筋肉が異常に緊張、収縮した状態で強い痛みを伴います。
ふくらはぎの筋肉に起こることが特に多く「こむらがえり」ともいいます。
専門的には「腓腹筋痙攣」とも呼ばれます。

ふくらはぎだけでなく、太ももやすねの筋肉に起こる時もあります。
私など、ものぐさをして足の指でテレビのリモコンを操作しようとして足の指がつってしまうことがあります。

通常、人の筋肉は自動的に収縮と弛緩のバランスがうまく調節されているのですが、様々な原因によりこのバランスが崩れ、神経や筋肉が異常に緊張、収縮してしまい起こるものと考えられます。

原因の一つとしては、大量に汗をかいた際に血液中の電解質(ナトリウムやカリウムなど)のバランスが崩れて、神経や筋肉が興奮しやすくなって起こる場合があります。

特にこの季節、大量の汗をかいたにもかかわらず、水だけを飲んで電解質が補給されないでいると血液が薄くなって、神経や筋肉が興奮しやすくなり、筋肉痛がみられたり足がつりやすくなったりと「熱痙攣」と呼ばれる熱中症の症状が起こります。

この場合には経口補水液(OS-1)やスポーツドリンクで電解質を補給すると症状が改善されることがあります。
しかしながら、スポーツドリンクは糖分が多いので、糖分を制限されている方などは注意が必要です。

その場合にはスポーツドリンクを3倍程度に薄め、梅干しなどとあわせて塩分(ナトリウム)を同時に補うこともできますが、糖分制限や塩分制限をされている方は普段から主治医の先生に注意点など聞いておくと良いと思います。

その他の原因としては、過激な運動や立ち仕事など筋肉に負担をかけた後に起こったり、運動不足やクーラーでの冷え過ぎなどで血行が悪くなり、その影響で筋肉が収縮して足がつる場合などがあります。

普段から筋肉に疲労を溜めずに、入浴やストレッチ、マッサージ、適度な運動などで血行を良くしておくことが予防に大切です。

厳しい、暑さが続きますが体調に気を付けてこの夏を乗り切りましょう!


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 18:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

癒し

こんにちは!
大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。

猛暑日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか?暑すぎて、気持ちもカラダもぐたーっとしてしまいがちの中、先日、患者さんから『癒し』をいただきました☆

アストロメリアとナゾの黄色い花。

赤色と黄色で受付はとても華やかになりました♪癒されます。ありがとうございます!!

ところで、この黄色い花。キク科であることはわかるのですが、名前は何と言うのでしょうか?患者さんもわからないとおっしゃってて。。
どなたかわかる方いらっしゃいませんか?教えてください☆

ブログ掲載写真 花.JPG


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 15:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

頭痛の種類とその原因についてA「危険な頭痛」

こんにちは、大樹はりきゅう整骨院スタッフのやこです。

今回は、鍼灸やマッサージの適応とならない危険な頭痛についてです。

virus_zutsuu.png

命の危険がある頭痛は様々ありますが、その中でも手術が必要な頭痛には以下の頭痛があります。

@くも膜下出血
金づちで殴られたような強烈な痛みが突然始まり、意識を失う事もあります。
この頭痛は、脳の血管にこぶができ、それが破裂して起こり、短時間で死に至る危険もあります。
たとえ痛みが楽になっても一刻も早く病院へ行きましょう。

A脳腫瘍による頭痛
短い期間に頭痛がどんどんひどくなり、嘔吐、視覚の異常、麻痺が現れることもあります。
頭蓋骨の中にできる腫瘍により起こる頭痛です。
早期発見がカギなので早急に病院へ行きましょう。

B慢性硬膜下血腫による頭痛
マヒやボケ症状を伴う事があります。
頭を打った後などに脳を包む膜から徐々出血します。
徐々に出血するため、症状が出るのに1〜数か月かかります。
本人も覚えてない程軽くぶつけたことで起こる事もあります。
疑われる症状があれば病院へ行きましょう。


前回に引き続き今回も頭痛についてでしたが、中には命を落としてしまう頭痛もあるので、疑われる症状がある方は躊躇することなく脳神経外科や神経内科を受診しましょう。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

頭痛の種類とその原因について

こんにちは、大樹はりきゅう整骨院スタッフのやこです。

今回は「頭痛」についてのお話です。

様々なストレスにさらされている現代の日本人、頭痛は多くの人が経験したことがあると思います。

virus_zutsuu.png

頭痛には様々な原因があり、原因によって鍼灸や、マッサージの適応となるものと、ならないものがあります。

鍼灸、マッサージの適応となるものには、大きく分けて@緊張型頭痛、A片頭痛、B群発性頭痛に分けられます。

それぞれ説明すると、、、


@緊張型頭痛・・・ストレスが大きく影響する頭痛
比較的頻度の高い頭痛です。
ストレス、疲労、精神的緊張などにより、頭や首、肩の筋肉が収縮し、頭全体が締め付けられるように感じたり、重い感じがします。
ストレスをコントロールすることが一番大切で、鍼灸、マッサージ、入浴も効果的です。


A片頭痛・・・20〜50代女性に多い頭痛
この頭痛も頻度の高い頭痛です。頭の周り血管が拡張し、血管の周りの神経が圧迫され、起こる頭痛です。
頭の片側、又は両側が脈を打つようにズキン、ズキンと痛みます。
ストレス、チョコレート、コーヒーなどが痛みの誘因となることがあります。
発作前に、視野が「チカチカ」したり、ギザギザの線が見えたり、視野が暗くなったりします。
頭痛は、数分〜数時間、時には数月に及び、反復しやすいのが特徴です。
吐き気や嘔吐を伴う事もあります。

片頭痛の治療は、首や頭部をマッサージすると血管がさらに拡張し、痛みが増強してしまうため、手や足への治療が中心となります。
また、入浴も血管が拡がってしまうため、逆効果です。
痛いところを圧迫したり、アイシングをすると、血管が収縮するので痛みが軽減します。


B群発性頭痛・・・20〜30代男性に多い頭痛
片頭痛と同じで血管が拡張して起こる頭痛です。
目の奥をキリで突かれるような激しい痛みが短期間に繰り返し、1〜2時間ほどで自然に戻ります。
数日〜数週間、集中的に起こり、1〜数年に一度、ほぼ同じ時期に起こるのが特徴です。

治療は、片頭痛の治療に準じます。


頭痛の原因は様々なものがあり、そして原因は一つだけではなく、いくつかの原因が重なって起こる頭痛も多くあります。

次回は、鍼灸やマッサージの適応とならない、危険な頭痛についてお話したいと思います。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

五十肩の痛み、安静にすべきか?動かすべきか?五十肩の運動療法について 

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

今回は五十肩のお話です。

いわゆる、五十肩とは中年以降に発症し肩関節の痛みや運動制限を主な症状とします。

加齢によるものや、怪我、肩の使い過ぎ、冷えなどが誘因となって発症することがありますが、なぜ起きるか詳しい原因は不明です。

30歳代でなっても、70、80歳代でなっても五十肩という呼び方をされるので不思議に思いますが、五十肩というのはあくまで総称で、正式には肩関節周囲炎といいます。

余談になりますが、五十肩という呼び名は江戸時代からあったそうで、人生五十年の時代では、かなり老化した状態を意味していたのかもしれませんね。

五十肩.JPG

五十肩の症状についてですが、その時期により異なってきます。

大きくわけると3つの時期にわける事ができ、その時期により治療方法も変わってきます。

@急性期:じっとしていても痛みがあり、その痛みも強い。就寝時も痛みで寝られない。
ちょっと動かしただけで痛くなり痛みがなかなか治まらない。

→炎症が強い時期です。基本的に肩関節に負担をかけずに安静に保ちます。


A亜急性期:じっとしていれば痛くないが、時々痛む。頭を洗う時やエプロンを後ろで結ぶ時に痛む。
動かした時に痛みがある、その動作や痛みの強さは多様。

→炎症は治まりつつも関節が固くなり、痛みに加え運動制限が現れ始める時期です。
炎症を抑えながら、運動療法(関節可動域訓練)が必要になってきます。
関節が固まりきっていないので、動かしてあげると楽になる場合が多くあります。
逆に痛みが強くでる場合がありますが、その場合は運動方法を見直し負担がかかり過ぎないよう注意します。


B慢性期:肩を最大限動かした時のみ痛みがあり、動作の途中では痛みは無い。
着替えがしづらい、手を高く伸ばしづらいなどの症状はあるが、さほど日常生活に支障はない。

→肩関節まわりの組織が固くなってしまった状態なので、まわりの筋肉などをほぐしながらストレッチ主体で関節が動かせる範囲を拡げていきます。


このように、症状の時期を見極めながら、適切な治療を受けることで治るまでの期間の短縮が期待できます。


又、肩の痛みはいわゆる五十肩以外にも、腱板炎、腱板損傷、石灰沈着性腱板炎、肩峰下滑液包炎、関節唇損傷、上腕二頭筋長頭腱炎など様々です。

痛みの種類によっては、運動療法で悪化してしまう場合も多々ありますので、一度受診された上で運動を開始されることをおすすめします。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 16:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

冷湿布か?温湿布か?ローテル湿布って何?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

今回は湿布のお話です。

捻挫や打撲で患部が腫れて痛い、熱を持って熱いなどといった時に、ご自宅で湿布を使うこともあるかと思います。

こんな時、冷湿布と温湿布、どちらを使っていいのかわからないと患者さんに聞かれることがあります。

そんな時は炎症が起きているので、冷湿布を使って下さいとお答えしています。

冷湿布には冷たさを感じるメントールが配合されており、温湿布には温かさを感じるトウガラシ成分のカプサイシンが配合されています。

どちらも消炎鎮痛剤を使っていることに変わりはなく、効果にあまり違いは無いと思われますが、急性のケガに関してはアイシングの代用として湿布を使用する意味もあり、冷湿布の方が適しています。

慢性の腰痛や肩こりなど、お風呂で温めると楽になるような痛みには、温かさを感じる温湿布の方が適しているともいえますが、皮ふが弱い方などはかぶれに注意する必要があるので、冷湿布でも代用することができます。

慢性のこりや痛みについては、貼ってみて心地良く感じるほうを使って頂いて問題ないと思います。


大樹はりきゅう整骨院では、ケガで来院する子供や学生さんも多く、炎症症状が強い時などは当院手製の湿布を使用しています。

昔ながらの整骨院ではよく使用されるものですが、患部を冷やす効果が高く、腫れや熱感の強い炎症でもよく効きます。

ローテル湿布ともいいます。

作り方は残念ながら秘伝の為ないしょですが、和紙に粘土状の薬をへらで伸ばしていって、手作業で一枚一枚湿布のかたちに作りあげます。

昔ながらの湿布なので、古臭く感じる方もいるかもしれませんが、効果バツグンの為おすすめです。

ローテル湿布.JPG

大樹はりきゅう整骨院ではおひとり、おひとりの状態に応じて最良な施術を行えるよう常に努力しております。

ケガの痛みや、お体の悩みなどありましたらいつでもご相談下さい。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

ホームページはこちらです

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

関東地方も梅雨入りということで、すっきりとしないお天気が続きそうですが、お天気と同様にどんよりしてしまわないよう頑張っていきたいと思う今日この頃です。

さて、大樹はりきゅう整骨院のブログですが、スマホ版をご覧の方には当院のホームページへのリンクがありません。

当院の詳細についてはホームページをご覧いただけると幸いですので、リンクを貼らせて頂きます。

大樹はりきゅう整骨院のホームページはこちら

ホームページ.PNG

手作り感満載のページとなっておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

ケガの応急処置について、RICE療法とは?

こんにちは、大樹はりきゅう整骨院、スタッフのやこです!

早くも五月下旬、例年に比べ、暖かい日が続いています。
日中は夏のような暑さですが、朝晩は冷えますので体調管理には気を付けましょう。

天気がいいと、部活や健康の為に運動をされる方も多いと思います。
体を動かすのは大切なことですが、スポーツにつきものなのがケガです。
ケガをした際の応急処置としてスポーツをされる方に知っておいてほしいのが、「RICE(ライス)療法」です。

iryou_kusuribako.png

RICEとは、安静(Rest)、冷却(Ice)、圧迫(Compression)、拳上(Elevation)の頭文字をとっています。

Rest:安静
ケガをした部位の血行を抑え、腫れや内出血を最小限に抑えます。

Ice:冷却
患部を冷やすことで痛みを軽くし、血管を収縮させることで腫れや炎症を軽減します。

Compression:圧迫
患部にテーピングや包帯で圧迫しながら固定することで出血や腫れを軽減します。

Elevation:拳上
患部を心臓よりも高い位置に拳上する事で血流を抑え、腫れや出血を軽減します。


これらの処置を効果的に行うことでケガの治癒を早め、競技への早期復帰につながります。
時間がたっても腫れていたり、内出血や痛みが強い場合は骨折など、重傷なケガも考えられるので放置せずに適切な治療を受けましょう。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月12日

膝にたまる水の正体は?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

気温の変動も大きく体調を崩される方も多いと思いますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今日はよく「膝に水がたまる」と聞きますが、それについて少しお話してみたいと思います。

kansetsutsuu.png

その前にまず、関節の構造について簡単に説明しておきます。

関節とは2個以上の骨がつながっている部分を指し、さまざまな種類があります。
関節は関節包という袋状の組織で包まれ、その内側には滑膜という薄い膜があります。
滑膜からは潤滑油の役割を果たす滑液が分泌され、関節をスムーズに動かせるようにしており、同時に関節軟骨にも栄養分を与える働きがあります。

それでは、「膝に水がたまる」というのはどういうことなのでしょうか?

滑膜は新しい滑液をつくりながら、古い滑液を吸収しており、通常はバランスが一定に保たれています。
しかし、様々な原因により滑膜組織に炎症が起こると、滑液が過剰に分泌され関節内に過剰にたまった状態になります。特に膝の関節は炎症が起こりやすい為、滑液がたまるという症状も多くみられます。

炎症が治まれば、たまった滑液も徐々に吸収されていきますが、腫れや痛みがひどい場合や膝の動きが制限されてしまう場合には、滑液を抜くこともあります。

炎症は起こさない事が一番なのでしょうが、様々な原因により炎症が起きてしまった場合、まずは炎症を抑える治療を当院ではおこなっていきます。

同時に炎症の起きた原因を探り、今後の予防の為に、運動療法や日常の生活の中でケア出来ることなど、きめ細かくバックアップしていきますので、症状の改善に向けて一緒に頑張っていきましょう。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院





posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。