こんにちは!

東京都西東京市にあります大樹はりきゅう整骨院です。皆様の健康にお役に立つちょっとした情報など発信できればと思います。ご意見、ご感想などお寄せ頂ければ幸いです。

2016年01月06日

風邪をひいた時に関節が痛くなるのはなぜ?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今回は関節痛についてのお話です。

関節痛といっても色々と種類があります。

関節リウマチなどの膠原病や、変形性関節症、外傷やオーバーユース、加齢によるものなど様々な原因によって関節には痛みが生じます。

それ以外にも、よく風邪をひいた時に節々が痛くなることってありますよね。

これって、何で起きるんでしょう?

インフルエンザにかかった場合、特徴として関節痛や筋肉痛が強く出ることがありますが、風邪でも関節痛が出る場合があります。

そもそも、風邪とは正式には「風邪症候群」といって上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。

風邪の原因はウイルスが上気道の粘膜から感染することで起こり、そのウイルスの種類は200種類以上といわれています。

ちなみにインフルエンザも風邪と同様に上気道の感染によっておこりますが、インフルエンザを起こすインフルエンザウイルスは風邪ウイルスとは異なり症状の重さも異なりますので、風邪とは別物であるといえます。

sick_netsu.png

風邪ウイルスに感染すると身体の免疫機能が働き、ウイルスと戦う為の物質(サイトカイン)が白血球から分泌されます。

サイトカインがウイルスと戦っていると粘膜内部の組織に炎症が起こり、くしゃみ、鼻みず、鼻づまり、せきなどの症状を引き起こします。

サイトカインはウイルスと戦うという重要な役割がありますが、過剰に分泌されると臓器にダメージをあたえる危険性があるため、サイトカインの生成を抑制する物質(プロスタグランジンE2)が分泌されます。

プロスタグランジンE2は関節の痛みや熱を引き起こす作用があり、風邪の際に関節の痛みを引き起こす原因物質と考えられています。

つまり、風邪を引いたときの関節痛は、身体の免疫細胞がウイルスとまさに戦っているという合図なのかもしれませんね。

暖冬とはいえ、暖かくしてお風邪には注意なさって下さいませ。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院




posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月11日

鍼灸(しんきゅう、はりきゅう)ついて

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

12月になって何かとせわしなくなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は鍼灸(しんきゅう、はりきゅう)についてのお話です。

鍼灸のイメージって「何だか痛そうで怖い」とか、「お灸って熱そうで嫌」とか何となく苦手なイメージを持っておられる方も少なくないと思います。

そんな鍼灸についてですが、よく知っていただくことで適切な治療を受ける機会が増え、早期の症状改善につながればと思い、今回のブログをつづってみます。

鍼.JPG

鍼灸(しんきゅう、はりきゅう)は金属の細い針を経穴(ツボ)に刺入し、あるいは艾(もぐさ)を燃焼させて経穴(ツボ)に刺激を加え病気を治そうとする施術です。

筋肉や神経、関節など痛みの原因となる場所に直接施術を行い、鎮痛作用や血行を促進することで症状を改善させる西洋医学的な施術の方法や、手や足にある経穴(ツボ)、又はその他の経穴を使って気の流れを調節し身体の機能を整えることで、症状を改善させる東洋医学的な施術の方法があります。

どちらの施術も人間が本来持っている力、自分で自分の身体を治そうとする力=「自然治癒力」を高める働きがあり、鍼灸の効用を一言で説明するとすれば、「自然治癒力を高める」ということに尽きると思います。

主な治療効果としては、以下のとおりです。
@疼痛の緩和、A血液・リンパの循環改善、B関節可動域の維持・増大、C心肺機能の改善、D内臓諸機官の機能改善、E残存機能の改善、F心理的効果

鍼灸の治療効果については現在も各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に研究が進められています。

総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、ひいては、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

WHO(世界保健機関)で定められている鍼灸療法の適応症には以下の41疾患があります。

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

筋肉や関節、神経の痛みだけでなく、様々な疾患が鍼灸の適応症になっています。

大樹はりきゅう整骨院では、ぎっくり腰などの急性の痛みに対する施術はもちろんのこと、慢性化した痛みや頑固なこり、眼精疲労、頭痛、めまい、神経痛、筋肉痛、関節炎、内科疾患、婦人科疾患、逆子治療などに鍼灸施術をおこなっています。

使用する鍼はステンレス製のディスポーザブル鍼(一度限りで使い捨ての鍼)を使用しており、消毒などの衛生面も徹底しています。

症状や治療する部位によって鍼の長さや太さを変えていきますが、髪の毛程度の細さで、先端も注射針とは異なり痛みを感じにくい形状になっていますので、鍼自体の痛みはほとんどありません。

それでも、鍼が苦手な方には、1ミリも無い位の長さの鍼をシールで一定期間貼っておく、いわゆる「置き鍼」があります。貼っている間、特に鍼の痛みは感じませんが、微弱ながらも刺激が加わり続けていますので頑固なコリや外傷の後に残ったしつこい痛みなどに特に効果的です。

置き鍼.jpg

お灸についても、米粒の半分位の大きさの艾(もぐさ)を、直接肌に乗せずに専用の台紙を介して据えていきますので、心地良い熱さを感じる程度でやけどもおこりません。

お灸.JPG

もしくは筒状になったお灸を肌に直接触れることなく据える場合もありますが、同様に心地良い熱さを感じる程度で、やけどもおこりません。

大樹はりきゅう整骨院では、患者さんにとって最善の施術が行えるよう日々努力しておりますが、決して無理やりに鍼灸施術を押し付けることはしませんので、安心して下さい。

おひとり、おひとりにとって最善の施術方法は異なると思いますが、鍼灸施術についてご興味がある方はいつでもご相談下さいませ。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

脳梗塞について、「Act FAST」って何?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

今日は脳梗塞についてのお話です。

日本人の死因第4位の脳血管疾患(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は、血圧が上昇しやすい冬場に多い病気として知られています。

脳血管疾患で死亡した人のうち約6割は脳梗塞が原因となっていて、幸いに一命を取り留めても、後遺症が起こりやすいという難点もあります。

脳梗塞については発症から治療までの時間との闘いになります。

知識として知っておいて損はないので、ここで一度詳しく脳梗塞についてお話ししたいと思います。

脳梗塞は、脳の血管が詰まって、その先に血液が流れなくなることで、酸素や栄養素が不足し、脳細胞に壊死が起きる病気です。症状としては、突然あるいは少しずつ「手足の片側にまひが起こる」、「ろれつが回らなくなる」、「真っ直ぐ歩けなくなる」、「ぼんやりする」などが挙げられます。

chikara_hairanai.png

脳は前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉などに分かれ、それぞれの部位により様々な機能を管理しています。その為、脳細胞の障害部位により脳梗塞による症状や障害は異なります。又、脳の機能の中には片方の大脳半球だけにコントロールされているものがある為、左右どちらかの大脳半球が損傷を受けると、特有の機能が完全に失われる危険性があります。

脳梗塞の症状が現れてから時間が経てば経つほど、詰まった血管の先の脳細胞が壊死していき、最悪の場合死に至ることもあります。脳梗塞は発症後約3〜4時間を過ぎると、血栓より先の血管がもろくなり、血流が再開した時に脳出血を起こしやすくなります。又、脳出血が起こると、出血した血液によって脳が圧迫される為、命にかかわる事があります。一命を取り留めたとしても高い確率で後遺症が残ることが多く、寝たきりとなってしまう場合もあります。さらに、日常生活の活動に支障をきたす後遺症の場合は、副次的に無力感や強い抑うつ感などの精神症状がみられます。


脳梗塞の早期発見につながるサインには「Act FAST」があります。本人が脳梗塞のサインに気付かない事もあるので、周囲の方々が脳梗塞の疑いがある方に Act FAST のサインを試してみると良いと思います。

***************************************************************************************************

※脳梗塞のサイン Act FAST


F:Face(顔)…笑ってみましょう → ・顔の片側が下がる ・ゆがみがある

A:Arm(腕)…両腕を上げたままキープしてみましょう → ・片側の腕が下がってきてしまう

S:Speech(言葉)…短い文章を言ってみましょう → ・言葉が出てこない ・ろれつが回らない


これらの症状がどれか1つでもある場合

発症時間を確認してすぐに119番を!!


T:Time(時間)…脳梗塞は治療の遅れが命にかかわる病気である ACT-FAST(素早く行動する)ことが大切です!!

***************************************************************************************************

何もないのが一番ですが、万一の場合に備えて知識として蓄えておいていただけたら幸いです。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

大樹はりきゅう整骨院への道のり

こんにちは!大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。

最近とてもありがたいことにホームページやブログをご覧になってくださる方が増えています。この場をお借りして、御礼申し上げます。ありがとうございます。

と同時に、「そちらに伺いたいのだけど、場所がいまいちわからないのですが…」とお電話をいただくこともしばしば。

そうなんです。我が大樹はりきゅう整骨院は住宅地のど真ん中にあります。細い道が入り組んでいますので、わかりにくいのはごもっともです。
そこで、今回は田無駅から大樹はりきゅう整骨院までの道のりを写真付きで紹介します♪


まず田無駅に到着しましたら、改札を出て左(北口)へ。
image19.jpg


バスロータリーを左手に、線路に沿って、西武新宿方面へと進みます。
image2.JPG

線路沿い.JPG

直進すると、高架下の横断歩道が見えます。それを渡り、右へ曲がります。
高架01.jpg

高架02.jpg


大きい通りではなく、細い道を直進してください。
分岐01.jpg


Y字路を左に直進します。
image11.jpg


ちょっと歩くと、右手に郵便局が見えます。
郵便局.jpg


ピザ屋さんの角を右へ曲がり、直進。左手に公園が、右手に地区会館が見えます。
image17.jpg

そして、前方に青い看板の大樹はりきゅう整骨院があります!
image16.jpg

いかがでしょうか?少しはイメージがわきましたか?
もしわからない場合はご連絡くださいね♪

皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院
posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 15:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月26日

地域情報誌ロカッチャに載りました!

こんにちは♪大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。

突然ですが、我が大樹はりきゅう整骨院は女性にとっても優しいのです!!

例えば…
☆ヨガ教室
以前にもお伝えしましたが、毎週金曜日13:30〜14:30にヨガ教室を開催しております。
5名という超少人数で行うため、参加者に合ったヨガを提供しています。

☆逆子治療
お灸で治療します。実際、帝王切開の準備をしていた方が当院の逆子治療を受け、逆子が治り、通常分娩で元気な赤ちゃんを出産されています。

☆足のオイルトリートメント
ふくらはぎを中心に足の裏までオイルを使ってトリートメントします。即効性があり、軽くなったと喜んで帰る方もいらっしゃいます。足の疲れ、むくみが気になる方にオススメです。

と、こんなふうに女性に嬉しいメニューがたくさんあります。

そこに注目していただけたのか、地域情報誌ロカッチャさんからお話があり、なんと掲載していただけました!!!
今回は「女性を応援」ということで、もうまさに大樹はりきゅう整骨院にうってつけです☆
その掲載された記事がこちら
↓↓↓
daijusama(最終稿).jpg

私も写っております。うれし恥ずかしです。

ヨガやリフレクソロジーは女性だけでなく、男性の方も大歓迎ですよ♪
みなさん、心も体も健康になりましょう☆

皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 15:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)って何?

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

季節もだいぶ秋めいてまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今日はロコモティブシンドロームについてです。

言葉は耳にした方もいるかと思いますが、詳しくはよくわからないという方も多いと思います。
日本整形外科学会によると、「運動器の障害による移動機能の低下した状態」を表すとのことです。
和名では運動器症候群といいます。

つまりロコモ(ロコモティブシンドローム)とは骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、「立つ」、「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。

進行すると将来介護が必要になるリスクが高まり、健康寿命が短縮してしまうことになります。

kaigo_tesuri.png

まだ若いから関係ないというわけではなく、若いうちからの運動習慣が重要です。

骨や筋肉の量は20〜30代がピークで、適度な運動や生活活動で刺激を与え適切な栄養を摂ることで強く丈夫に維持されます。

弱った筋肉では40〜50代で身体の衰えを感じやすくなり、60代以降、思うように動けない身体になってしまう可能性があります。

こう聞くと、ちょっと怖いですね。


ロコモ度の判定方法は色々とありますが、簡単な判定方法をご紹介します。

「40センチの高さの椅子に腰掛けて片足だけで立ち上がることが出来るか」
「20センチの高さの椅子に腰掛けて両足で立ち上がることが出来るか」

どうでしょう、実際に試してみると、けっこう出来なかったりしませんか?

そんな場合はロコモを防ぐ運動、ロコモーショントレーニング(ロコトレ)があるのであわせてご紹介します。

@片脚立ち
転倒しないように必ずそばにつかまる物があるところで、床につかない程度に片脚を上げその姿勢をキープします。
左右各1分間、1日3回行います。

当院でも転倒予防の為に、この片脚立ちを指導し患者さんと一緒に行うことがありますが、高齢の患者さんの大半の方は10秒もたたずにバランスを崩してしまいます。
様々な筋肉を使って身体のバランスをとるので、1分間行うと思った以上にいい運動になります。

Aスクワット
足を肩幅より少し広めに開いて立ち、つま先は30度ずつ位開きます。
膝がつま先より前に出ないように、また膝が足の人差し指の方向に向くように注意して、お尻を後ろに引くように身体を沈めます。
この時、負担がかかりすぎないように膝は90度以上曲げないようにします。
支えが必要な方は、十分注意して、机に手をついて行います。
深呼吸をするペースで5〜6回繰り返します。1日3回行います。

genki_obaasan.png

トレーニングは無理して頑張りすぎず、自分のペースで行うこと。
一度に頑張りすぎるよりは、毎日コツコツと継続して行うことが大事です。


以上、ロコモについて簡単に解説してみましたがいかがでしょうか?
日頃の運動習慣を見直して、元気に年齢を重ねていきたいものですね。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院

posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

院内紹介A

こんにちは!大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。
前回に引き続き、今回は院内の施術スペースについてご紹介します。

大樹はりきゅう整骨院では、ベッドまたは椅子で施術を受けていただいております。
ベッドの場合、ベッド毎にカーテンがあり、簡易的な個室のようになります。
IMG_2407.JPG

P1010089.JPG

椅子の場合、座ると目の前にはテレビが設置されているので、施術を受けている間お楽しみいただけます。

IMG_2411.JPG

image6.jpg

症状によっては、牽引を受けていただくことがあります。ひとりの空間になるので、お休みになる方もいらっしゃいます。

忘れてはいけないのが、鍼灸室!
その名の通り、鍼やお灸を受けていただく専用の部屋です。鍼やお灸の心地良さにリラックスして、お休みになる方がいらっしゃいます。

P1010087.JPG

興味があるけど恐怖心が強いという方が多く見受けられます。まずは、その不安をお聞かせください。あなたに合った方法の鍼灸治療を提案いたします!長年の悩みが、今日、この場で解決するかもしれませんよ?!

以上、施術スペースの紹介でした。
受付にいますと、実は頻繁に寝息が聞こえてくるんですっ。先生の技術はもちろんのこと、院内の雰囲気の相乗効果があるのかもしれませんね☆

二回に分けての院内紹介、いかがでしたか?
初めて来院する際の不安が少しでも和らぎましたか?
院内はとても穏やかです。安心して来院してくださいね♪


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 16:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月06日

院内紹介@

こんにちは!大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。
突然ですが、当院の紹介をさせていただきます。

初めて来院される方は、どんな雰囲気なのか、院内はキレイなのか、プライバシーは守られるのかなどなど不安がいっぱいかと思います。そこで、院内紹介1回目は、大樹はりきゅう整骨院の「入口」をお見せしたいと思います♪

少し最寄駅から離れたところにある我が大樹はりきゅう整骨院には、近所の方だけでなく、遠方より来院される方もいます。そんな方々のために、車が2〜3台停められる駐車場がありますし、駐輪場も完備しています。来院の際は、無事故無違反でお願いいたします☆

4_20150406154459.jpg

IMG_2513.JPG



さて、自動ドアを入ると、目の前に私の席「受付」があります。スリッパに履き替えていただき、受付に診察券をお出しください。初診で保険施術ご希望の方は健康保険証を提示していただき、その後、待合室で問診票の記入をお願いしています。
杖歩行の場合、院内へ杖をお持ちいただけます。

P1010076.JPG

P1010085.JPG


待合室には雑誌、新聞、マンガをご用意しています!
時間帯によっては混雑する場合があり、お待ちいただくことがあるかと思います。そんな時はぜひ待合室でゆったりとくつろいでいただければ幸いです☆
患者さんの中には、「こち亀」を気に入ってくださったようで、もうすぐ読破しそうだとか?!

IMG_2406.JPG


いかがでしたか?雰囲気が伝わりましたか?
次回は、施術スペースをご紹介いたします。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院
posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 16:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

ヨガ教室開催!

こんにちは!大樹はりきゅう整骨院 受付の工藤です。普段はヨガインストラクターをしております。

突然ですが、みなさまはヨガに対してどのようなイメージをお持ちですか?
・変なポーズをみんなでやってる
・ステキ女子の間で流行ってる
・やってみたい
・体が硬いからできなそう   …様々なイメージがあるかと思います。

私は『ヨガは自分自身と向き合う時間』と思っています。
「どこが疲れているか」「左右差はあるか」を確認し、深い呼吸と共にからだを動かして、心身のバランスを整えることができます。そして最終的には、自分自身で心身のコントロールができるようになればいいなと思うのです。

そう考えてみると、ストレスの多い現代社会にピッタリだと思いませんか?働き盛りの方、ご年配の方、男性、女性、すべての方にもってこい!なヨガ。ぜひ日常生活にヨガを取り入れていただきたいです☆


今回は空き時間に整骨院内でヨガ教室を開催しました。院長のご厚意に感謝です(^人^)
生徒さんはおひとりでしたが、マンツーマンで気持ちの良い1時間を過ごせたようです☆
写真はゲートポーズです。体側を気持ち良ーーく伸ばしています♪写真を撮っていただいた八子先生にも感謝です(^人^)

ちなみに、膝や腰に不安を抱えている方にも安心して行えるチェアヨガもご用意しております♪
介護施設などでも取り入れられているヨガです。こちらも合わせてよろしくお願いします☆

ヨガ教室.JPG

今後のヨガ教室の予定は以下の通りです。ご興味のある方はご連絡ください☆
日時:毎週金曜日 13:30〜14:30
場所:大樹はりきゅう整骨院
参加費:1000円
定員:5名 (要予約)
連絡先:当院ホームページ参照


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院
posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 17:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

成長期に多い膝の痛み、オスグッド病の原因

こんにちは!
大樹はりきゅう整骨院スタッフのヤコです。

ここ数日は急に気温が下がり、体調がすぐれない方も多いのではないでしょうか?

さて今回は、「オスグッド病」についてです。

私自身も中学生の時はサッカーをやっていて、オスグッド病に悩まされていました。

オスグッド病とは、スポーツに取り組む10代に多くみられる膝関節の下が痛むスポーツ障害です。

sports_man.png

ひどい人だと、膝のお皿の下にあるでっぱり(脛骨粗面といいます)が大きくなり、膝が曲げられなくなります。

サッカーやバスケット、バレーボール、陸上競技などに多く、ジャンプしたり走ったりといった膝の屈伸運動を繰り返すことにより発症します。

成長期に起こるスポーツ障害なので、一般的には成長痛や使い過ぎともいわれますが、オスグッド病はただの成長痛ではなく、様々な原因によって起こります。

原因の一つとして、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟性の低下があります。
大腿四頭筋は、脛骨粗面にくっつきます。

成長期ですとまだ膝関節の下の脛骨粗面が柔らかく、異常に固くなった大腿四頭筋に引っ張られ、炎症が起きます。

大腿四頭筋が固くなるのは、不良姿勢、骨盤のズレ、左右の足の長さの違いなど、主に身体のバランスのズレによります。

ご自身でできるケアとして、練習後のアイシングや太もも周りのストレッチは、予防や悪化防止に有効です。

逆に、シャトルランや、ハードル、ラダーなど、ジャンプを繰り返す運動や、急な方向転換を必要とする運動は、膝や、太ももへの負担が多いので控えた方がいいです。

また、練習を休んで痛みが治まっても、練習再開すると痛みが再発してしまう事も多くあります。

10代のスポーツは、スポーツ選手としての進路としても関わってくるので、適切な治療を受け、競技への早期復帰につなげましょう。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院


posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 17:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。