2016年02月08日

冷え症について

こんにちは。大樹はりきゅう整骨院、スタッフのやこです。


少し前までは暖冬と言われていましたが、この頃は寒さが厳しい日が多くなってきました。
そこで今回は、「冷え症」について書きたいと思います。

西洋医学の見地からの「冷え」は病気とは扱われません。
しかし、東洋医学の見地からの「冷え」は万病のもととされ、すべての病の背景に「冷え」があると考えられています。

hiesyou_woman.png

冷え症の原因として、貧血症、甲状腺機能低下症、末梢循環不全、心臓弁膜症等の疾患があります。
中でも一番多い原因は、自律神経の乱れによる冷え症です。
ストレスなどで自律神経が乱れると血管が収縮して血行が悪くなり、冷えが起こります。

特に女性に多い冷え症ですが、カラダを冷やすということで血行が悪くなり、肩こりや腰痛、頭痛など、様々な症状の原因となります。

冷え症の改善として、日々の生活でもできることがあります。

食事では、一日三食、栄養バランスのとれた食事をとることが大切です。
特に体を温める食品は、しょうが、ねぎ、にんにく、梅干しなどがあります。

運動も大切で、体の熱は筋肉からも作られるので筋トレや、ウォーキング、睡眠前のストレッチなどの運動も有効です。

また、マッサージや鍼灸治療を行うと、全身の血液循環が良くなるので冷えの改善が期待できます。

特に足が冷える方は当院で行っている足のオイルトリートメントや、足ツボもオススメです(^○^)
ふくらはぎは、「第二の心臓」とも言われているので施術後は血液循環が良くなり、全身がポカポカしてきますよ♪


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 11:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。