2015年07月15日

頭痛の種類とその原因について

こんにちは、大樹はりきゅう整骨院スタッフのやこです。

今回は「頭痛」についてのお話です。

様々なストレスにさらされている現代の日本人、頭痛は多くの人が経験したことがあると思います。

virus_zutsuu.png

頭痛には様々な原因があり、原因によって鍼灸や、マッサージの適応となるものと、ならないものがあります。

鍼灸、マッサージの適応となるものには、大きく分けて@緊張型頭痛、A片頭痛、B群発性頭痛に分けられます。

それぞれ説明すると、、、


@緊張型頭痛・・・ストレスが大きく影響する頭痛
比較的頻度の高い頭痛です。
ストレス、疲労、精神的緊張などにより、頭や首、肩の筋肉が収縮し、頭全体が締め付けられるように感じたり、重い感じがします。
ストレスをコントロールすることが一番大切で、鍼灸、マッサージ、入浴も効果的です。


A片頭痛・・・20〜50代女性に多い頭痛
この頭痛も頻度の高い頭痛です。頭の周り血管が拡張し、血管の周りの神経が圧迫され、起こる頭痛です。
頭の片側、又は両側が脈を打つようにズキン、ズキンと痛みます。
ストレス、チョコレート、コーヒーなどが痛みの誘因となることがあります。
発作前に、視野が「チカチカ」したり、ギザギザの線が見えたり、視野が暗くなったりします。
頭痛は、数分〜数時間、時には数月に及び、反復しやすいのが特徴です。
吐き気や嘔吐を伴う事もあります。

片頭痛の治療は、首や頭部をマッサージすると血管がさらに拡張し、痛みが増強してしまうため、手や足への治療が中心となります。
また、入浴も血管が拡がってしまうため、逆効果です。
痛いところを圧迫したり、アイシングをすると、血管が収縮するので痛みが軽減します。


B群発性頭痛・・・20〜30代男性に多い頭痛
片頭痛と同じで血管が拡張して起こる頭痛です。
目の奥をキリで突かれるような激しい痛みが短期間に繰り返し、1〜2時間ほどで自然に戻ります。
数日〜数週間、集中的に起こり、1〜数年に一度、ほぼ同じ時期に起こるのが特徴です。

治療は、片頭痛の治療に準じます。


頭痛の原因は様々なものがあり、そして原因は一つだけではなく、いくつかの原因が重なって起こる頭痛も多くあります。

次回は、鍼灸やマッサージの適応とならない、危険な頭痛についてお話したいと思います。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wix.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
電話1(プッシュホン)042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院





posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。