2017年08月29日

血液循環について

こんにちは。

大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

いつもブログを読んで下さってありがとうございます。

まだまだ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は気温の変動も大きく、体調を崩していらっしゃる方も多くみられます。

我が家でも上の娘が保育園から風邪やら何やらと、色んな病気を着々とお持ち帰りしてくるので、

体調管理には細心の注意を払いつつ、家族全員、気合で乗り切っています。

皆様も体調にはお気を付け下さいませ。

さて、今回は血液循環についての話です。

私達の体は、常に血液が循環しています。血液が脳から手足の末端に至るまで循環することにより生命活動を維持しています。

kekkan_sarasara.png

血液は、個々の細胞や組織に酸素や栄養素、ホルモンなどを運搬して、不要な二酸化炭素や老廃物を運び出しています。

一般的に血液循環の力は、血液量や血液粘度などが関係していますが、栄養不足や貧血などでこの血液量が減少すると、脳は生命を守るために心臓や腎臓などに血液を優先的に送ろうとします。

その結果、生命維持の働きとしては優先順位が低い他の組織への血流は滞ってしまいます。

又、ストレスや食事などが影響して血液粘度が増すと、血液がドロドロになるため循環が滞ってしまいます。

血液循環が悪化すると、疲れやすい、肩こり、冷え症、痛み、しびれ、不妊など様々な不都合が現れやすくなります。

普段の生活習慣の中で血液の循環力を向上させるために、以下のポイントを確認しておきましょう。

@入浴・衣類:入浴は、体の芯まで温めるためにも湯船につかるようにしましょう。入浴は、リラックス効果もあるためストレス緩和にもつながります。又、体を締め付ける衣類は避け、保湿性や発熱性の高い素材のものを着用するなど体が冷えない服装を心掛けましょう。

A食事:栄養素は、血液に乗って全身を巡るため、過剰な糖質やコレステロールなどの摂取は血液がドロドロになって血流を悪くします。食事は、ビタミンCやビタミンE、パントテン酸など血行促進に働く栄養素を意識して摂取し、バランスのとれた食生活を心掛けましょう。又、カフェインは、血管を収縮させ、血流を悪化させるため、控えるようにしましょう。

B運動:筋肉は、血液を循環させる働きがあります。その為、運動不足で筋力が低下すると、血流が悪くなるため、適度な運動を心掛けるようにしましょう。

Cストレス:ストレスが多い状態は、交感神経が優位になり、血管が収縮し血行不良になります。又、ストレスは白血球の粘着度が増して、血液をドロドロにします。ストレスを溜めこまないように上手に発散していきましょう。

D睡眠:夜更かしは、自律神経のバランスを崩して血流を悪くします。精神的に落ち着く環境をつくり、質のよい睡眠を目指しましょう。

E禁煙:たばこの煙に含まれるニコチンなどは、血管を収縮し血流を悪くします。その為、禁煙はもちろんのこと、喫煙者や喫煙場所にも近づかないようにしましょう。


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wixsite.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院



posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 12:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。