2017年04月25日

脳も元気に!

こんにちは。

大樹はりきゅう整骨院、院長の田渕です。

いつもブログを読んで下さってありがとうございます。

突然ですが、私も今年で47歳。不惑の40代を元気に過ごしております。

私の場合、精神的には10代からあまり成長していないような気もするのですが、人間、年齢を重ねることで成長していく部分もあり、衰えていく部分もあります。

我が家では娘が20歳になる時に、私は66歳になっています。

孫が産まれる頃にはいったい何歳くらいになっているのかちょっとわかりませんが、なるべく元気に年齢を重ねていって、孫に内緒で小遣いをあげたりしたいなと思っています。

今回はそんな私や皆様の老後にもかかわってくる話、「脳」についてです。

body_nou_good.png

年齢を重ねることで、内臓や筋肉が衰えるのと同様に、脳にもさまざまな変化が現れます。

顕著な例としては、脳の大きさの変化が挙げられます。

高齢者の脳は、成人した頃と比べて小さくなることが知られており、35歳から60歳にかけて、脳の容積は約10%減少するといわれています。

こうした変化は、脳の委縮と呼ばれており、加齢によって脳の神経細胞が減少する為に起こります。

脳内の神経細胞が最も多くなるのは胎児期であり、その後は原則として減少の一途を辿ります。

このように、年齢とともに神経細胞が減少するのは自然なことであり、アルツハイマー病などによる病的な委縮ではない限り、加齢にともなう脳の委縮は、通常の身体的変化ということができます。

では、脳の委縮は、脳が衰えるということを意味するのでしょうか?

新生児の脳の重さは成人の約25%といわれ、その後、20歳頃まで成長し続けます。

脳が大きくなる主な要因は、学習や経験によって神経細胞同士をつなぐ軸索や樹状突起が増えるためとされています。

実際に、軸索の集まりである白質の割合は、年齢を重ねてもほぼ横這いか、若干増えていることがわかっています。

つまり、神経細胞が減ることで脳は委縮しますが、さまざまな学習や経験を重ね、神経細胞同士をつなぐネットワークを増強させることで、脳は一生成長し続けると考えられるのです。

脳を成長させるためには、脳に絶えず刺激を与えることが必要です。

音読や書き取り、計算の他、なるべく指を使ったり、食べ物をよく噛んだり、積極的に他者とのコミュニケーションを図ることが大切です。

お身体だけでなく「脳」も成長させて、年齢を重ねても元気に過ごしていきましょう!


皆様のご来院をスタッフ一同お待ちしています

http://daijuseikotsuin.wixsite.com/daiju 

西武新宿線 田無駅から徒歩10分

東京都西東京市南町2-3-24
☎042-452-7133
大樹はりきゅう整骨院




posted by だいじゅはりきゅうせいこついん at 15:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。